2019年9月の展示

◇大庭英治 掌(たなごころ)展


2019年9月11日(水)~19日(木)

AM11:00~PM6:30(日曜日、祝日、最終日PM5:00まで)



「景」 油彩S8号

大庭英治

1950 宮城県白石市生まれ

1976 東京藝術大学大学院修了

1977 フランス政府給費留学(マルセイユ高等美術学校) 81年帰国

以降 ヌーベルギャルリー()、ムゼウムドルフ()Bunkamuraギャラリー

   藤崎美術ギャラリー、日本橋高島屋等で個展

2018 宮城県芸術選奨受賞

現在、日本美術家連盟会員、立軌会同人、日本大学芸術学部教授




上田耕造 クロッキー


2019年9月21日(土)~29日(日)

AM11:00~PM6:30(日曜・祝日・最終日PM5:00まで)

☆9月23日(月祝)PM2:00~ 作家によるデモンストレーション


               紙に墨汁 50×32.5cm

1959年 福岡生まれ
1983年 東京藝術大学美術学部油画科卒業(安宅賞、大橋賞受賞)
1985年 東京藝術大学大学院修士課程修了(羽生出教室)
1988年 東京藝術大学大学院後期博士課程満期修了(田口安男教室)
1995年 連華寺本堂天井画制作(東京都中野区江古田)
               公共施設の壁画作成(1992,1994,1995,1999)
1999年 ATELIER21(岡田高弘、広田稔との共同アトリエ)開設
現在、無所属
個展 毎年数回、グループ展多数




2019101日()~9日(

AM 11:00 PM 6:30日曜最終日PM 5:00まで

☆オープニングパーティー:101()PM5:00~6:30


                   焔(ほのお)油彩 F6
〈略歴〉

1942年  島根県生まれ

1961年  荻太郎先生に師事

1967年  東京藝術大学(小磯教室)卒

1967年  グループ・プシケ展(`93)参加。以後,牛島憲之先生の指導を受ける

1972年  渡仏(~76

個展、グループ展多数

日本の風景をライフワークにしつつ、自分で丹精したばらを制作


Recent exhibition


◇岡野亮介展

2019年9月2日(月)~9日(月)

「白い風」 37cm×65.5cm 
キャンバスにミクストメディア


  • ◇岡本光平 書の不変 Universality of Caligraphy  2019年8月23日(金)~8月30日(金)




    ”正しい書“を書きました。それは不易不変です。
    年を重ねるごとに、薄皮がはがれるようにさらに書の深淵が見えてきます。
    歴史的先人たちのただならぬ精進と格調に、少しでも迫りたい一心で筆を執りました。
     岡本光平



    岡本光平 おかもとこうへい

    1948年愛知県生まれ。全国最年少の17歳で毎日書道展初入選。
    36歳で独立。以降フリーで活動。

    【主な個展 】
    ・EC主催ユーロパリアジャパン展招待作家(ベルギー)1988
    ・ライブティヒ国立民族博物館個展(ドイツ)1999
    ・ニューヨーク・ハモンド美術館個展(U.S.A)2010
    ・アメリカ・エール大学における講演と実演 2014

    【主な番組出演】
    「課外授業 ようこそ先輩!」
    「新日曜美術館」
    「趣味悠々」
    「美の壺」(全てNHK)




    投稿: 2019/09/05 22:06、下城佐知子
  • ◇岸本恵美の世界  2019年8月1日(木)~8月9日(金)


               「室内」水彩 F20

    岸本恵美 きしもとえみ
    大阪府堺市生まれ。 
    新世紀美術協会会員出品 水彩連盟委員 関西水彩画会運営委員 
    日本美術家連盟会員 個展・グループ展多数


    投稿: 2019/08/22 19:24、下城佐知子
  • ◇ガラス工房錬星舎 ガラス展  2019年7月22日(月)~7月30日(火)



    投稿: 2019/08/01 19:08、下城佐知子
  • ◇3つの個性  傍島幹司・福島唯史・山田真二3人展  2019年7月12日(金)~7月20日(土)



              傍島幹司 夜桜 F8




         福島唯史 コルシカの空港 F3




        山田真二 パッシー城と木々 F30

    投稿: 2019/07/21 20:04、下城佐知子
  • ◇村山耕二展  Geological Glass「地質学的アプローチのガラス」 2019年7月1日(月)~7月9日(火)






    <作者の言葉>

    私が製作しているガラスは「Geological Glass」と名付け、地球上の材質に特化したガラス製作を行っています。
    近作は岩石をガラスの中に閉じ込め熱反応によって変化する様相を追求しています。
    岩石がガラスの中で高温になり熱崩壊してゆく様は、宇宙の創生を垣間見る様な世界観が有ります。
    未だうまく表現する事ができませんが、美しい世界を表現できる様に試行錯誤を行っています。

    投稿: 2019/07/11 19:38、下城佐知子
1 - 5 / 175 件の投稿を表示中 もっと見る »